金融庁が銀行とかの統括も

私たちの暮らす日常は常に度重なるお金の支出が付きものです。すべての行動にお金が伴っているといっても過言ではなく、お金が不足する毎日は私たちの自由や楽しみ、生活の中の便利さ、機会、経験などを全て奪っていくものと言えるでしょう。そういった事態を招かないためにも、私たちは常日頃から金銭に余裕ができたらそれを銀行の預貯金に回したり、何らかの経済投資に回すなどの金融的な試みを行うことで、後に訪れるかもしれないお金の必要時に備える必要があります。 また、金融機関ではお金の不足した企業や個人に対してお金を融通するなどの融資サービスも展開しています。いわば、こうやって企業や個人にお金を貸して、そこで発生した利息を利益として吸収することで金融機関の経営は成り立っていると言えるはずです。このような金融経済がうまく回転していくことで企業や個人は不足したお金を過不足なく手に入れることができ、それを元手に数々の経済活動を行い、結果的に社会経済がよりよく機能して景気が好循環を手に入れることになるのです。 このように銀行を始めとする金融機関は私たちの経済を成り立たせるための大切な存在と言えるでしょう。そしてこういった金融機関を束ねて統括するのが国の行政機関である金融庁が担う大きな役割なのです。金融庁の使命とは一言で言って、日本国内の金融機能の安定性を維持すること。そのためには預金者や保険の契約者や投資者などが安心して自分のお金を金融経済に投資できるように様々な規則や法律を充実させていく必要があります。 これらの状況を統括する立場の金融庁ではたとえば各地の銀行がスムーズに運営されているかを常に目を光らせてチェックすると同時に、かつて日本経済を大きな混乱に落ち仕入れたバブルやデリバティブのような価値の伴わない商品が人々の財産を奪い取ることがないようにするのも大事な役目です。なおかつ銀行法という法律を遵守して健全な経営を維持しているかを確認するのも金融庁の役割。こうしたチェック機能や是正機能がきちんと働くことで私たちの毎日の安心が得られるのです。